★海外から日本のドラマや映画を見る方法★

【搭乗記】エアカナダのビジネスクラス「シグネチャークラス」!座席・アメニティや機内食は?お得に乗る方法も!

当サイトでは一部記事にPRが含まれています
エアカナダのビジネスクラス(シグネチャークラス)搭乗記
  • URLをコピーしました!
komachi

こんにちは!カナダで暮らしているkomachiです^^

今回、エアカナダのビジネスクラス(シグネチャークラス)を利用して3年半ぶりに一時帰国をしてきました♪

普段はもちろんエコノミーを使ってますが、飛行機のチケットを取った後に妊娠が発覚。

本当はキャンセルすべきところ、コロナ禍で身内を亡くしていて、これ以上一時帰国のチャンスを逃したくないと思い、ミッドワイフ(助産師)さんと相談。

私やお腹の中の子どもの健康に問題・懸念点がなかったこと、知らない国ではなく母国の日本に行くということ(何かあったら親もいるし)もあり、予定通り一時帰国を決意しました。

ただ、妊娠中なりやすいと言われているエコノミー症候群が怖かったので、フルフラットベッドになるエアカナダのビジネスクラスにアップグレードして一時帰国することに!

komachi

高いけど安心をお金で買ったという感じです

という理由で乗れた、あまり経験することないだろうエアカナダのビジネスクラスの搭乗記(座席、アメニティ、機内食、サービス内容など)を今回ブログにまとめてみました^^

エコノミーからビジネスクラスにお得にアップグレードできる方法もあったので、あわせてご紹介しますね!

航空券を安く買うなら

目次

エアカナダのビジネスクラス「シグネチャークラス」とは?

エアカナダのビジネスクラス「シグネチャークラス」とは?
エアカナダ公式サイトより

エアカナダでは、座席のランクが「シグネチャークラス(ビジネスクラス)」「プレミアムエコノミークラス」「エコノミークラス」の3つで構成されています。

通常ビジネスクラスというと、エコノミーよりも少しゆったりとした大きめの座席というイメージがありますよね。

エアカナダのシグネチャークラスは一応”ビジネスクラス”とはなっているものの、座席としてはファーストクラスのようなフルフラットベッドになる半個室の座席になっています。

現時点で、日本を含むアジア、アフリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、南アメリカ路線のボーイング787、777およびエアバスA330型機で、このシグネチャークラスに乗ることができます。

komachi

詳しい座席周りやアメニティは後ほどご紹介しますね!

私が実際に搭乗したフライト

今回私がシグネチャークラスで搭乗したのはこちら。

往路

型機Boeing 787-9
便名AC21
出発地トロント(ピアソン空港)
到着地東京(成田空港)
出発時刻13:35
到着時刻15:45 +1 day
飛行時間13時間10分

復路

型機Boeing 787-9
便名AC22
出発地東京(成田空港)
到着地トロント(ピアソン空港)
出発時刻17:40
到着時刻16:40
飛行時間12時間

エアカナダ ビジネスクラスの座席

まず、エアカナダのビジネスクラスの座席から!

並びは1-2-1配列で全30席あります。

エアカナダ ビジネスクラスの座席
座席シートマップ
komachi

なんと行き帰り満席!

行きは真ん中のシートを2つ、夫と隣になるように取りました。

エアカナダ ビジネスクラスの座席

この間にある灰色の壁が下がると聞いていたので、真ん中の2列を取ったのに、コロナ対策なのか私たちが乗った時は下げられず…(/ _ ; )残念

エアカナダ ビジネスクラスの真ん中の座席
komachi

だから喋る時は少し背伸びをしながら話すって感じだったよ

帰りの飛行機は、2人とも窓側を選択。縦に2席取りました。

エアカナダ ビジネスクラスの窓側の座席
komachi

1席で窓は2つ分と広々!

203.2cmのフルフラットシート

座席周りは座ったらこんな感じ。

エアカナダ ビジネスクラスのフルフラットシート

横にあるモニターでRelax状態だったり、Rest(フルフラット)状態だったりを操作できます。もちろん左の矢印で足だけフラットなど微調整も可能^^

エアカナダ ビジネスクラスのフルフラットシート

足元はフルフラットにすると奥の部分と繋がるようになっています。最長203.2cmになるので、158cmの私には十分すぎるほど!先の方まで足は届かなかったと思います。

エアカナダ ビジネスクラスの座席足元

横幅も結構あったので、横になった状態で足を折ることもできました。多分小柄な日本人の女性だったら赤ちゃんを抱いて横になることもできるくらいかな…?

エアカナダ ビジネスクラスの座席足元
komachi

お腹が大きい妊婦でも余裕があって、寝返りもスムーズにできたよ

ゆったり広くて、フラットだったのでフライト中は何時間も超熟睡できました( ´∀`)

TVはコントローラーありで操作カンタン

テレビは何インチかな…?分からないけど、500mLペットボトルと比べると随分大きいのが分かるかなと思います。

エアカナダ ビジネスクラスのテレビ

テレビはタッチパネルでしたが、席と距離があるので寝ながら操作できるようにコントローラーも備え付けられていました。

エアカナダ ビジネスクラスのリモコン
このコントローラーもタッチパネル
komachi

ゲームもこのコントローラーで操作できたよ!

収納エリアや充電ポートも充実!

横に収納ボックスが設置されています。開けると…

エアカナダ ビジネスクラスの収納ボックス

こんな感じ!コスメバッグが2個入るくらいの大きさです。テレビのリモコンもこの中に設置されてて、ここから伸ばして使います。

エアカナダ ビジネスクラスの収納ボックス

イヤフォンの差し込み口とUSBポート、

エアカナダ ビジネスクラスのUSBポート

こっち側はよくわかんないけどパソコンのコンセント?なのかな?何か充電できます(笑)

エアカナダ ビジネスクラスのUSBポート

その他、肘掛けや手元のライト

通路と反対側には、スマホが置けるくらい幅がある肘掛け。

エアカナダ ビジネスクラスの肘掛け

通路側にも使いたい時に挙げられる肘掛けがあります。下げた状態↓

エアカナダ ビジネスクラスの肘掛け

上げた状態↓

エアカナダ ビジネスクラスの肘掛け

手元を照らせるライトは顔の近くにありました。押すとライトが出てくる仕組み。

エアカナダ ビジネスクラスの照明

エアカナダのビジネスクラスの座席周りは以上です〜!次はアメニティ関連!

エアカナダ ビジネスクラスのアメニティ

座席には、まくらと羽毛のブランケット、マットレスパットがありました。

エアカナダ ビジネスクラスのアメニティ

座席はエコノミーに比べて硬めだったので、マットレスを敷いてちょうどいい柔らかさになった感じです。

komachi

枕はふわふわで大きさもちょうど良くて寝やすかったよ!

そしてスリッパもあり。フライト中はずっと足を伸ばしてたので、スリッパを履く機会はあまりなかったです。

エアカナダ ビジネスクラスのスリッパ

良かったのはこのノイズキャンセリングイヤホン

これをつけると飛行機のゴーって音が全く聞こえなくて、映画を見てても飛行機の中にいるのを忘れるくらい映画の音がクリアに聞こえました^^

エアカナダ ビジネスクラスのイヤホン
komachi

寝る時にイヤフォンをしてると心地よく寝れたよ!これは本当に大活躍!

ちなみにイヤホンは持ち帰りできず、着陸前に回収されます。

次は1席1つ付いてくるコスメポーチ!バンクーバーのアロマブランドVITRUVIとのコラボで、ポーチとハンドクリームやリップクリームが入っていました。

エアカナダ ビジネスクラスのポーチ

横にエアカナダのロゴ「メープルリーフ」が刻印されています。

エアカナダ ビジネスクラスのポーチ

中身は、アイマスク、耳栓、靴下、メガネ拭き、歯磨きセット(歯ブラシ、マウスウォッシュ、糸ようじ、歯磨き粉)、VITRUVIのリップクリームとハンドクリームが入っています。

エアカナダ ビジネスクラスのポーチの中身
komachi

このポーチセットはもちろん持って帰れるよ!

あとは、500mLの水、マスクや消毒液などのコロナ対策グッズがあったくらいかな。

ちなみに、トイレもエコノミーと比べると広めで、同じくVITRUVIのハンドローションなどが置いてありました。

komachi

トイレはビジネスクラス専用に2つ設置されてたから、混むこともなかったし、とってもキレイだったよ!

エアカナダ ビジネスクラスの機内食

そして気になるビジネスクラスの機内食!

離陸前にメニューが配られます。

エアカナダ ビジネスクラスの機内食

メニューにはシェフの紹介とコース料理の詳細が英語、フランス語、日本語で書かれています。

エアカナダ ビジネスクラスのメニュー

日本語版のメニューページはこちら↓

エアカナダ ビジネスクラスのメニュー
komachi

離陸前にメインコースをどれにするか聞かれたよ!

トロント発日本(成田)行きのメニュー

まず離陸したら、テーブルにナプキンをひいてくれて、ウェルカムドリンクとナッツが提供されました。ドリンクはクランベリージュース↓

エアカナダ ビジネスクラスのウェルカムドリンク

私たちが乗った時のメニューはこちら。メニューは週1、2くらいで頻繁に変わるようです。

夕食

アペタイザー

スモークツナ、ポテト、ケール、ミックスグリーン、生姜醤油ドレッシング、ローストカリフラワーのサラダ、温かいパン

メインコース※1つ選ぶ

  • 牛ショートリブ、マッシュポテト、トマト、アスパラガス
  • 鶏肉のバター照り焼き、キヌア、玄米、ワイルドライス、マッシュルーム、野菜各種
  • サーモンのロースト、レモンバター、ワイルドライス、にんじん、ブロッコリーニ
  • マッシュルーム入りラヴィオリ、トマトとバジルのアラビアータソース、パルメザンチーズ

チーズとデザート※1つ選ぶ

  • チーズセット(オカ、チェダー、ぶどう、クラッカー)
  • 季節の果物
  • ティラミス

アペタイザー↓

エアカナダ ビジネスクラスのアペタイザー

メイン料理で、私は牛ショートリブを選びました。

エアカナダ ビジネスクラスのメイン料理
komachi

お肉が柔らかくてとっても美味しかったよ〜!

夫は鶏肉のバター照り焼きをピックアップ!

エアカナダ ビジネスクラスのメイン料理
komachi

美味しかったけど量が多かったみたい…!

食後はデザート。フルーツを選びました↓

エアカナダ ビジネスクラスのデザート

夕食と朝食の間に小腹が空いたら、いつでも頼めるスナックもあり!

スナック ※頼めばいつでも食べれるもの

  • チキンホットパイ&ポテトウェッジ
  • アーモンド、チョコレート、ポテチなど(前の方にスナックボックスがある)
komachi

私たちは頼まなかったけど、近くでチキンホットパイを頼んでる人のを見たらチキンホットパイ+サイドスナックで結構ボリュームがあったよ!

ポテチなどのスナックは、座席の一番前にバスケットがあって、いつでも取りに行って食べれる感じでした。

次は朝食!着陸1〜2時間前に提供されます。

朝食

メインコース※1つ選ぶ

  • パセリオムレツ、チキンソーセージ、カッテージチーズ、ローストポテト、赤ピーマンのレリッシュ
  • 焼きそば、牛肉、ソース、飴色玉ねぎ、青梗菜、椎茸、葱、たまご、ふりかけ

付け合わせ

  • 季節の果物
  • ミューズリー、りんご、レーズン、ココナッツ、パンプキンシード
  • クロワッサン(バター・ジャム)

私は焼きそばをチョイス!朝からボリュームがあって、来た瞬間ウワッてなったけど、気がついたらペロッと平らげてしまいました( ´∀`)

エアカナダ ビジネスクラスの朝食
暗かったので画質が悪いです

夫はオムレツの方。食べかけすみません…(笑)

エアカナダ ビジネスクラスの朝食

飲み物も、エコノミーに比べるとバラエティーがありました。

写真撮ってないので曖昧ですが、この辺があったかな。

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ビール
  • ジン・ヴォッカなど
  • ジュース(アップル、オレンジ、クランベリー、トマトなど)
  • コーラ、スプライト系
  • コーヒー、カフェインレスコーヒー
  • エスプレッソ
  • カプチーノ
  • ティー

私的にうれしかったのは、カフェインレスのコーヒーがあったこと!

komachi

カフェインが飲めない妊婦でもコーヒーが楽しめました(^.^)

日本(成田)発トロント行きのメニュー

こちらも離陸後にウェルカムドリンク&スナック、その後すぐに夕食が出てきました。

メニューはこちら。

夕食

アペタイザー

鴨肉のリエット、パッションフルーツソース、きのこサラダ、チェリートマト、季節のグリーンサラダ、温かいパン

メインコース※1つ選ぶ

  • 牛フィレ肉、梅酒ソース、ローストポテト、パクチョイ、各種野菜
  • 鶏胸肉のバジルクラスト焼き、トマトソース、パセリ風味のクリーミーポレンタ、にんじん
  • おひょう、オリーブピリ辛ソース、ハーブリゾット、チェリートマト、きのこ
  • 金目鯛の煮付け、共地醤油、ご飯、豆腐、にんじん、牛蒡、さやえんどう、春菊

チーズとデザート※1つ選ぶ

  • チーズセット(カマンベール、ゴーダ、レッドチェダー、ドライフルーツ、クラッカー)
  • 季節の果物
  • 柚子チョコレートムースケーキ

アペタイザーがこちら。

エアカナダ ビジネスクラスのアペタイザー

メイン料理は金目鯛の煮付けを選びました。すき焼きみたいな味付けで美味しかったです^^

エアカナダ ビジネスクラスの夕食
komachi

春菊なんて食べるの久しぶりすぎた〜!

そして食後のデザート。

エアカナダ ビジネスクラスのデザート

スナック ※頼めばいつでも食べれるもの

  • ローストビーフ
  • チェダーチーズ
  • カレーオニオンマヨネーズのサンドイッチ
  • アーモンド、クッキー、ポテチなど(前の方にスナックボックスがある)

スナックは、夫がカレーオニオンマヨネーズのサンドイッチを頼みました。スナックにしてはボリューミー!

エアカナダ ビジネスクラスのスナック

朝食はこちらも着陸1時間くらい前に提供されました。

朝食

メインコース※1つ選ぶ

  • アスパラガスのオムレツ、チキンソーセージ、ポテト、トマト
  • チキンカレー、ライス

付け合わせ

  • 季節の果物
  • ビルヒャーミューズリー
  • クロワッサン(バター・ジャム)

私が選んだアスパラガスのオムレツと、

エアカナダ ビジネスクラスの朝食

夫は朝からカレー!!(笑)

エアカナダ ビジネスクラスの朝食
komachi

朝食と言ってもトロントに着いたのが夕方だから朝ご飯でもないけどね

エアカナダ ビジネスクラスの機内食は全体的に美味しくて大満足でした!

ただ量が多いので、空港内のラウンジで食べ過ぎないことをおすすめします(´ー`)

エアカナダ ビジネスクラス機内でのサービス

機内では、フライトアテンダントが一列につき1、2人が付いているという感じでした。

離陸前・着陸前に担当者から挨拶があり、フライト中に寝ずに起きていると、こまめに「飲み物はいらないか?」「お腹は空いていないか?」などの声かけがありました。

komachi

ボタンを押して呼んだ時も、すぐに来てくれてサービスに関しても満足でした♪

エアカナダのビジネスクラスで受けられるサービスや優遇

エアカナダのビジネスクラスでは、「座席がゆったりと広い」「機内食が美味しい」だけではなく、空港に入った時点からエコノミーとは違ったいろいろなサービス優遇が受けられます。

エアカナダのビジネスクラスで受けられるサービスや優遇はこちら。

  • 受託手荷物が2個(各32kgまで)無料!
  • チェックイン・保安検査場がスムーズ
  • 空港内のラウンジが使用できる
  • 優先搭乗ができる
  • 受託手荷物の受け取りがスムーズ

受託手荷物が2個(各32kgまで)無料!

エアカナダ ビジネスクラスの受託手荷物

エコノミーだと23kgまでの手荷物が1つ無料なところ、ビジネスクラスでは2つの手荷物(各32kgまで)を無料で預かってくれます。

少し前まではエコノミーでも2つまで無料で預かってくれましたが、2022年8月23日に規定が変わってしまったようで…( ;∀;)
エアカナダ受託手荷物ポリシーの変更

プレミアムエコノミーとビジネスは以前のまま2つまで無料です。

komachi

手荷物の重さも32kgまでだから、帰ってくる時は4つのスーツケースにパンパンにお土産を入れて帰ってきました(笑)

ちなみに、一時帰国の買い物リストは別記事でまとめてます!一時帰国の際の参考にしてみてくださいね^^

チェックイン・保安検査場がスムーズ

エアカナダ ビジネスクラス:チェックイン・保安検査場がスムーズ

チェックインはビジネス専用のレーンがあり、並ぶことなくスムーズにチェックイン。

保安検査場も同様に、入り口にピッっと搭乗券をかざして入れるビジネスクラス専用のレーンがありました。

komachi

一般の方がとても混んでたから、ストレスなくスルッと通過できたよ!

空港内のラウンジが利用できる -トロント・成田編-

ビジネス・ファーストクラスの特権でよく知られている空港内のラウンジ!

今回は行きのトロント・ピアソン空港のラウンジ、帰りの成田空港のラウンジを利用してきました。

トロント・ピアソン空港のラウンジ

トロント・ピアソン空港では、エアカナダのシグネチャークラスで利用できるラウンジは2つありました。

Maple Leaf Lounges(メープルリーフ・ラウンジ)

Maple Leaf Lounges(メープルリーフ・ラウンジ)

カナダ、アメリカ、ヨーロッパの16つの空港にあるメープルリーフ・ラウンジ。

エアカナダやスターアライアンス加盟航空会社、エアカナダのコードシェア便のビジネスクラスが利用できるラウンジになります。( Aeroplanのメンバーなど他にも使える条件あり

中はこんな感じで広々としていて、専用の無料wifiや新聞・雑誌、シャワールームが利用できます。

Maple Leaf Lounges(メープルリーフ・ラウンジ)
komachi

コピー機なんかもあったような…!

もちろん無料の軽食とドリンクもあり。

Maple Leaf Lounges(メープルリーフ・ラウンジ):軽食バー

軽食は、

  • ワッフル
  • エッグマフィン・ソーセージマフィン
  • フルーツ類
  • クラッカー
  • マフィン・ケーキ
  • クッキー

などがありました。ドリンクはコーヒー、アルコール類、ソフトドリンク系です。

komachi

正直軽食は、美味しい!!と言えるほどではなかったよ(笑)

トイレも一般のトイレよりはキレイだけど、期待してたほどではなかったです…まあカナダって感じ。ちょっと残念(´ー`)

Air Canada Signature Suites(エアカナダ・シグネチャースイート)

Air Canada Signature Suites(エアカナダ・シグネチャースイート)

もう一つは、エアカナダのシグネチャークラスだけが利用できるエアカナダ・シグネチャースイート

トロント・ピアソン空港とバンクーバー空港にのみあります。

こっちはメープルリーフ・ラウンジと違ってかなり高級感がありました。

Air Canada Signature Suites(エアカナダ・シグネチャースイート)

席には既にカトラリーやワイングラスがセットされていて、高級レストランみたいな感じ。

Air Canada Signature Suites(エアカナダ・シグネチャースイート):レストラン

14時からビュッフェが始まるみたいで、私たちのフライト(13:35発)ではビュッフェが体験できず…( ;∀;) 今後もトロントー成田行きの方は、フライト時間が変わらない限り体験できないと思います。

Air Canada Signature Suites(エアカナダ・シグネチャースイート)内装

ただメニューはあるので、個別に頼みたい物を頼むことはできました。

Air Canada Signature Suites(エアカナダ・シグネチャースイート)メニュー
komachi

私たちはお腹が空いてなかったので頼まなかったけど、メニューはフレンチ系の料理だったかな。(もちろん全て無料)

サービスも良くて、注文はないか?飲み物はいらないか?など頻繁に聞いてきてくれました。

Air Canada Signature Suites(エアカナダ・シグネチャースイート)
ここでゆったり出発まで2時間くらい待ってました

メープルリーフ・ラウンジと違って、ここのトイレがとってもキレイだったのが印象的でした。(写真は撮ってませんが…)

個室がとっても広くて、ローションやハンドクリームなどが備え付けられ、タオルも一つずつ丸く積み上げられ1回ごとに使い捨て。

どこもかしこも超ラグジュアリーって感じでした( ´∀`)

成田空港のラウンジ

成田空港で、エアカナダのビジネスクラスチケットを持っている人が使えるラウンジはこちら。

エアカナダはスターアライアンス加盟航空会社なのでANAのラウンジが利用可能でした。

成田空港の第一ターミナル(国際線)には、ANAのラウンジが2つあって、今回は第5サテライトにあるANA Loungeを利用。

ANAのラウンジ
入って右側がファーストクラス、左側がビジネスクラスのラウンジ

こちらがビュッフェカウンター↓

ANAのラウンジのビュッフェカウンター

サラダバーや小さいサンドウィッチ系、クラッカー

ANAのラウンジのビュッフェカウンター

おにぎりやおいなりさん、デニッシュなどのパン系、おかきなどがありました。

ANAのラウンジのビュッフェカウンター

ANAラウンジで美味しいと言われているチキンカレーも↓

ANAのラウンジのビュッフェカウンター:カレー

他にも温かい料理で焼きそばなども用意されていました。

ドリンクは、妊婦に優しいデカフェコーヒーを含むコーヒー、カフェラテやティー、

ANAのラウンジのビュッフェカウンター:ドリンク

ビールや日本酒などのアルコール系も用意されていました。

ANAのラウンジのビュッフェカウンター:アルコール

奥の方にはヌードルバーもあり、うどんやそば、ラーメンを頼むことができます。日本のフードコートによくある呼び出しベルの機械が渡されて、できたら取りに行くシステムです。

ANAのラウンジのビュッフェカウンター:ヌードルバー

ラウンジ内は結構広くて、カウンタータイプやソファータイプがあり、ゆったりとできました。

ANAのラウンジの座席

私が食べたのは、サラダとサンドイッチ1つ、チキンカレー↓ カレーが少し辛めで美味しかったです^^

ANAのラウンジのカレー

妊婦の食欲は怖いもので、カレーを食べた後、追加でとんこつラーメンも頼んでしまいました(笑)

ANAのラウンジのとんこつラーメン
komachi

お腹の子と2人分だから気にしない!

他にもANAのラウンジには、シャワールームや専用の無料wifi、新聞・雑誌、コピー機、マッサージチェアなども設備されていました。

やっぱり食べ物は日本のラウンジの方が美味しいですね(´ー`)

カナダのラウンジはカナダのレベルで少しアップグレードされたって感じです。

優先搭乗ができる

エアカナダのビジネスクラスのキャビン
Air Canada公式サイトより

エアカナダのビジネスクラスでは、優先して機内へ搭乗することができます。

とっても良かったのが、席についてからの荷物の整理がゆったりできること!

機内への入り口が2つあり、前方の入口がビジネス専用になっています。なので、後からプレミアムエコノミーの方やエコノミーの方が入ってきて道を塞いでしまうっていうのがなかったんです( ´∀`)

持ってきたキャリーオンのスーツケースからコスメバッグを出したり、本を出したり、座席周りの整理がゆったりできたのがうれしいポイントでした。

受託手荷物の受け取りがスムーズ

エアカナダのビジネスクラス受託手荷物タグ

ビジネスクラスでは、スーツケースを預けるときのラベルに「Priority」と書かれているオレンジのタグをつけてもらえます。

これによって、預けた荷物が優先的に出てくるため、受け取りがスムーズに( ´∀`)

日本に着いて、荷物受け取りのレーンに着いた時には、もうすでに私たちの荷物はレーンの外に並べられていました…!

komachi

待つことなく、すぐに空港を抜けられたよ〜!

エアカナダのビジネスクラスにお得に乗れるアップグレード入札!

今回この搭乗記を読んで、一度はエアカナダのビジネスクラスに乗ってみたい!と思った方もいるんではないでしょうか?

私自身も、

komachi

一度ビジネスクラスを経験しちゃったら、エコノミーには戻れない!!

と思ってしまいます…が、ビジネスクラスを毎回正規で買うなんてお金持ちじゃないとできませんよね。

そんな方にお得にビジネスクラスへアップブレードできるアップグレード入札という方法があるので、ご紹介します^^

エアカナダのアップグレード入札とは…

入札額に応じて、購入済みのクラスから1つまたは2つ上のクラスへ座席をアップグレードできるサービスのこと。運よく落札されれば通常より安くビジネスクラスやプレミアムエコノミークラスに乗ることができます。上のクラスの空席を埋めるのが目的なので、空席がない場合はできないこともあり。

入札の仕方は、エコノミーまたはプレミアムエコノミーチケットを購入後、フライトの48時間前までにAC Bid Upgradeから入札。

落札された方にはフライト48時間前ごろにメールが来るようになっています。

入札の最低金額は、私たちのフライトでは、

  • エコノミー→プレミアムエコノミー:300ドル〜
  • エコノミー→ビジネス:1100ドル〜

から入札ができました。(時期によって異なるかもしれません)

今回私たちも、このアップグレード入札を使おうと思ったのですが、ビジネスクラスにあまり空席がなかったので正規の価格でアップグレードしてしまいました。

ただ、空席がある時は最低入札金額+1万円で落札が決まった方もいるようです!

komachi

最低入札金額+1万円だったら、正規で買うよりかなりお得だから入札してみる価値はあるかも…!

今度アップグレード入札をする機会があれば、別にブログを書いてみようかなと思ってます^^

他にもエアロプランでチケットが無料に…?エアロプランがよく貯まるクレジットカードの紹介も!

エアカナダのマイレージプログラム「エアロプラン」をうまく利用すると、飛行機のチケットを無料で購入することもできます。

エアロプランのポイントって結構貯まりやすくて、例えばAppleだったり、Amazon.ca、Best Buy、Sephoraなど提携しているお店(全247店)でお買い物するとポイントが貯まります。

エアロプラン
Aeroplanポイントが貯まるお店

さらに、このエアロプランがよく貯まるクレジットカードとしておすすめなのが、「American Express Cobalt Card」!!

私も友人に教えてもらったんですが、カナダにいる方は絶対に持っていた方がいい超お得なカードです。

American Express Cobalt Card
カードAmerican Express Cobalt Card
ポイント還元食料品・レストラン・フードデリバリー:$1=5ポイント
動画の定期購読(Netflixなど):
$1=3ポイント
トラベル関連(電車、ガソリン、バスなど):
$1=2ポイント
その他:$1=1ポイント
月額費$12.99
海外旅行保険利用付帯あり
ポイント交換1000ポイント=Aeroplan 1000ポイントなど
特典紹介リンクから申し込むと30,000ポイントプレゼント

上のリンクから申し込むと30,000ポイントGet!

月額費はかかってしまうものの、日々の食料品の買い物でポイントが5倍、ガソリンや飛行機のチケットがポイント2倍でもらえるのはかなり大きいです。

私は半年前に作ったばかりなのに、もうすでに44,456ポイントも貯まっています!

American Express Cobalt Cardポイント
komachi

今回の飛行機のチケットを取ったのが、アメックスのカードを作る前だったから、もしアメックスで買ってたら100,000ポイントは超えてたかもしれない…

ちなみに今エアロプランは20,000ポイントくらいあり、アメックスと合わせると約64,000ポイント。

トロントー東京直通で飛行機のチケット代(ポイント支払い)で調べると、

  • エコノミー:45,000ポイント〜
  • プレミアムエコノミー:95,000ポイント〜
  • ビジネス:280,000ポイント〜

くらいでチケットが取れるみたいです。なので(時期によりますが)エコノミーは無料で買えることになります( ´∀`)

今後の私たちの一時帰国の計画としては、エコノミーまたはプレミアムエコノミーをエアロポイントで買い、アップブレード入札でビジネスクラスにアップグレードしたいね〜!と話してます^^

「一時帰国の旅費を少しでも抑えたい!」「ちょっとリッチにアップグレードして帰国したい!」という方は、American Express Cobaltカードおすすめです!

こちらの紹介リンクから申し込むと30,000ポイントが貰えます

American Express Cobalt Card

↓↓ このリンクから申し込むと30,000ポイントGet ↓↓

エアカナダのビジネスクラス搭乗記まとめ!フライトはとても快適!次回からはポイントでアップグレード…?

今回は、エアカナダのビジネスクラス搭乗記を書いてみました。

飛行機内では熟睡できるし、料理は美味しいし、空港内での保安検査、荷物の受け取りはスムーズだしで、とっても快適すぎました。

komachi

今後エコノミーに戻りたくない!!ってほど!

正規の価格でビジネスクラスを買うのはなかなかできないので、日常生活でアメリカンエクスプレスをうまく使いながら、エアロプランをコツコツ貯めて、次の一時帰国でまたビジネスに乗れるように頑張りたいと思います(笑)

航空券を安く買うなら

フォローして最新情報を受け取ろう!

\どこよりも安く海外留学!/

無料カウンセリングあり!

\格安航空券なら/

エアカナダのビジネスクラス(シグネチャークラス)搭乗記

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアしてくれるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想や疑問をコメントしてね!

コメント一覧 (3件)

  • コメント失礼します。
    カナダでAMEXって使えますか?使えないお店が多いと聞いたんですが…

    • 涼子さん、こんにちは!

      私の体感的にカナダのお店70%くらいで使えます。
      例えば、Walmart, Home Depot, Metro, Food basic,Amazon, Sephora, ファーストフード店などなどよく使う大手ではほぼ使えます。
      使えない所は、グローサリーはno frills系がダメ、レストランは個人経営だと受け入れてないですね
      なので、出費が多いグローサリーなんかはAMEXが使える所を中心に利用しています。

      また、私も使ってるんですがAMEXが使えないお店は、TDのAeroplan Visa Infinite Cardを併用すると漏れなくエアロプランポイントが収集できますよ。
      ただポイント還元はAMEXの方が高いのでAMEX優先で☺️
      私はカード作って1年半?2年?くらいになりますが、もう既に200,000ポイント以上溜まっています。1、2年あれば余裕で一時帰国分のポイント貯まるので、まだ持っていないようでしたら、年会費払ってでも作った方がお得ですよ♪

  • コメントありがとうございます
    他にもお尋ねしたいことがあったので、インスタのDMにて連絡させていただいてます。よろしくお願いします

コメントする

CAPTCHA


目次